ホーム  >  不動産投資において注目すべきポイント

関東の不動産投資注目ポイント

都心中の都心立地による不動産格差

言わずと知れた日本一の経済都市・東京。
首都圏を中心に張り巡らされた鉄道網、高速道路などの交通インフラ設備の充実や洗練された文化、市場の大きさからみても日本はもとより世界規模でも重要な役割を担っています。

世界都市別GDPでも東京は近年連続世界1位を誇っており、さらに2020年に行われる
東京オリンピックなども追い風に山手線の内側を中心に、
常にどこかで再開発が行われるというまさに
再開発ラッシュ状態であり、多くの【企業】、【お金】が動く
世界有数の都市となっています。

大量の【お金】が動く都市は大量の【人】が流れ込んでくるもの。

世界各都市の人口推移を見ても東京はトップクラスであり、不動産投資において重要な 【人の確保】がしやすいという利点があります。

また一部上場企業や外資系企業などは都心部に集中しており、都心部で働くDINKSや高所得のシングル層からの需要が高くなっています。
これらの層が重要だと考えているのが【生活の利便性】です。
通勤時間の短さや駅からの距離、宅配ボックスやディスポーザーなどの設備が
求められています。

東京の中でも超都心部の地図

【超都心】と呼ばれる千代田区・中央区・港区の3区は政治・経済の中心であり、日本で
最も地価が高いエリアであることから、いわゆる【住宅地】は限られ取引される不動産も
限られています。

これに対し新宿区・渋谷区・文京区・品川区の都心4区は上記3区に比べると
比較的住宅地も多く、その他エリアに比べると地価は高いものの、比較的不動産取引数が
多い地域となっています。
このような超都心・都心エリアに狙いを定め、はじめて大家さんは買い取りを
強化しています。

さらに東京だけに絞っった超都心部の地図

都心エリアでは、限られた数の不動産を取引するわけですから、
都心には居住地としての実質的価値に加えてステイタス的な付加価値があり、これが不動産投資上の大きな魅力、そして底堅い相場形成となっているのです。

都心エリアでの不動産投資は、
継続的な家賃収入によるインカムゲインだけでなく、
価格上昇による売買時のキャピタルゲインも狙えるところが
魅力的です。
また、売却することなく物件を持ち続けても資産価値が下がりづらい
こともメリットと言えます。

また都心部では先にあげたDINKS・単身層だけではなく、利便性の良さから、
近年増加するSOHOや子供の独立したシニア世代からも需要が高まっています。
内装や設備と違い、物件の立地はかえる事が出来ません。
常にニーズのあるエリアでの物件所有がリスクヘッジへと
つながります。

不動産物件も地価に見合ったステイタス的価値のあるものが求められがちであり、
ニーズに合わないものは供給過多の風潮となっています。

お問合せフォーム

ページトップへ